本当に親バカですが…

ボクの担任の先生が産休に入られる為、昨日が最後の日でした。

最後のホームルームに合わせて、行かれるお母さん達も駆けつけました。

私も仕事サボって行って来ました。

先生が職員室に戻ってる間に、子供達で黒板にメッセージを書いたり、模造紙に絵やメッセージを書いて貼ったりしていたようで、教室中、先生への感謝で溢れていました。

先生は、それを見るなり感極まった感じでしたが、涙を堪えて皆にメッセージを伝えていました。

中学三年生の大事な時期に産休になってしまうことを、本当に申し訳なく思っている先生。

いつも、謝ってる感じでした。

先生最後のメッセージで、

「昨日の生活記録に、

『結婚も出産もおめでたいこと。胸はって行ってください。』と

書いてくれた生徒がいました。

なんて優しくて温かい心の持ち主なんだろうと、それを読んで泣いてしまいました。

本当に皆さん、ありがとうございました。」

と、話していました。

毎日あったことや、感じたことを書いて提出する生活記録。

誰が書いたのかなぁと思っていたのですが…

今日、塾の迎えに行って、帰りの車の中で、

「あれ、誰が書いたんだろうね、いい言葉だったね」と、

私がボクに話しかけると、

「あれ、オレだよ。」と。

やっぱりな…と思いました。

うちの息子は、やっぱりそういうやつです。

親バカですが、やっぱりそういうとこ、優しい子に育っててくれて、ありがたいです…

そして先生!

本当に本当にお世話になりました。

何事にも一生懸命で、本当にステキな先生でした。

元気な赤ちゃん産んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)