ゆっくり…休んでください。

とってもお世話になっていたお客さんが亡くなりました。

前職の時の店の常連さんご夫妻で、その時からお世話になっていて、

ひょんなことから、今の仕事でもお客さんになってくれ、小さな仕事ですが、ちょこちょこお仕事下さるお客さんでした。

仕事以上に、とっても可愛がってくださり、ご高齢にも関わらず、わざわざ遠くまで「会いに来たよ」とイベントに足を運んで下さったり、

いつもお家にお邪魔するのを楽しみにして下さっていて、行けば必ず亡くなったお父さんが美味しいコーヒーをいれて下さり、お母さんが手作りの煮物や漬け物を振る舞って下さり、三人で何時間も他愛もない話をするのが定番でした。

それこそ、娘のように…可愛がって貰いました。

私も、本当にお父さん、お母さんと呼んで慕っていました。

仕事以上のモノを沢山頂きました。

昨日の夕方、お母さんに電話をしたら、なんだか元気がなく…

お父さんは?と聞いたら、

「お父さん、いっちゃった…」

と言われ、一瞬意味がわかりませんでした…

聞くと年末に急死したと言われ、昨夜慌てて会いに行って来ました。

大好きな露天風呂でヒートショックにより、誰も居ない所で倒れて亡くなったのだそうです。

おしどり夫婦だったお父さんとお母さん。本当に仲が良くて、いつも一緒で、私の理想のご夫妻でした。

そんな大好きなお父さんが突然旅立ってしまい、お母さんはまだ受け入れられていない様子でした。

実は、お母さんに会いに行く前、あまりにも私が動揺していたので、彼を呼び出し車の中で散々泣きました。

昨年、大切な人を突然失った彼は、お母さん側の人。

「今、沢山泣いて。お母さんの前では泣かないで、いつもと同じように普通に振る舞ってあげて。そして、沢山話を聞いてあげて。」

と言って、送り出してくれました。

本当に、久し振りに号泣しました。止めようと思っても止まらないくらい泣きました。泣きすぎて鼻がつまって頭が痛かったです…

泣きながら私が話すお父さんとの思い出話を、彼は優しく相づちを打ちながら聞いてくれてました。

だから、お父さんの遺影を見た時だけ。あとは、三時間つとめて明るいいつものマツコでいました。時々やってくる涙の波をなんとか押し戻し、お母さんの話を沢山沢山聞いてきました。

お母さんに、キレイになったねと仕切りに言われていて…最後に彼氏が出来たよと話すと、恋をしてるからなんだねと、とても喜んでくれました。ずっと暗い気持ちでいたから、心が温かくなった、嬉しいと…。お父さんも、きっと喜んでくれてるよと。

お父さん、マツコさんのこと大好きだったからね。

そう言われて、また泣きそうになりました。私が持っていった会社のカレンダーが、部屋の一番いい場所に飾られていました。とても喜んで下さっていたそうです。

思い出すと、優しい笑顔、励ましの言葉、美味しいコーヒー、年金暮らしなのに沢山仕事をさせて下さったこと…沢山沢山可愛がってもらったこと…

感謝しかありません。

他には何もありません。

本当に本当にお世話になりました。

本当に本当にありがとうございました…

ゆっくり…休んでください。

そして、遠くから、お母さんを見守っていてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)