腰痛にて…

先日の腰痛。

夜、ねえねに押して貰ったり擦って貰ったりストレッチしたりして、翌朝だいぶ良くはなったのですが、やっぱりなんとなく治りきらず…

クマさんに話したら、行きつけの「タイ古式マッサージ」に連れていってくれました。

元々、自分自身も本場まで行って勉強してライセンスまで持っているクマさんです。

その関係の友人なのかな?

前から気心知れた飲み仲間がいると言うのは聞かされてました。

そして、その人とマッサージの人が同一人物だと言うことも、最近なんとなくわかってきてました。

それが、男性なのか女性なのかと言うことは、さほど興味がなかったので聞いていませんでしたが、

マッサージ屋さんに行って、その方が「女性」であることがわかりました。

クマさんの腰痛をいつも治してくれるマッサージ屋さん。

ずっと行ってみたかったし、クマさんの気心知れた飲み仲間にお会いしてみたかったし、

異空間の初体験に、ちょっと緊張しながらも待望の!!と言った感じで、ドキドキわくわく。

マッサージは、初めてだから…と心配してくださったようで、あまり痛くならないようにやってくださったので、めちゃめちゃ気持ち良くて途中何度か落ちかけました(笑)

腰の痛みもほぼなくなりましたが、老廃物も全部出ていく気がしました(笑)

時間にして一時間くらい。

隣で、クマさんも施術してもらっていて、私より少し早く終わった感じでした。

出てきてから、クマさんは、

「いつも自分が来ると2時間以上やってくれて、下手するとお金も取られない。だから、今日はお客様コースだったかな。」

と言ってました。

前からそれは聞いていたのですが、それを改めて聞いて、

あ・・・

と思ってしまいました。

ただの友達だから、普段そんなに長く施術してくれるんじゃないんだろうな。と。

そこにどんな意味が込められているか、またどんな経緯で知り合い、どんな飲み仲間なのか、全く知りませんが、

大きく捉えて、マッサージ屋さんは、クマさんのことが「好き」なんだろうなぁと。

もちろん、長年の友人と、初めて来た客とでは、対応も違うのでしょうが、声色も態度も違うので、やっぱりそういうことなのかなと思いました。

やっぱりクマさん、女心わかってないな・・・と思ってしまいました(笑)

でも、不思議と焼きもちは全く焼きませんでした。

それは、きっと二人の間柄が、

男女を越えた「仲」なんだろうなと思えるから。

けど、なんとなく二人の間を邪魔するのは、マッサージ屋さんに申し訳ない感じがするので、クマさんと一緒に行くのは、何回かに一回にしようと思いました(笑)

なので、クマさん!

気兼ねなく行ってきてね。

※あくまで、私の一方的な想像。ほぼ妄想?なので、あしからず・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)