ヒトトシテスキ

この前、ねえねと「もうすぐ中学生だね」と言う話をしていました。

ねえねの通う小学校は、学区の関係で、2つの中学に別れてしまうのです。

中にはお受験して、また他の中学にいく子も数人いたり…

ここにも書いたことがあったかもしれませんが、以前めちゃめちゃ仲悪かった男の子が居て、クラスも部活も合唱団も一緒なので、ねえねは苦痛で仕方なかったのですが、仲良くなる小さなきっかけが、ぽつりぽつりと積み重なり、今ではめちゃめちゃ仲が良いそうで。

その子は、隣の中学に通うことになってしまうので、週に一度(合唱団で)しか会えなくなってしまいます。

「そっかー、なんかちょっと寂しいなぁ…」

と言うねえね。

異性としては、全く意識してないそうですが(笑)

人として好き。

なんだろうね、と話していました。

私が冗談で、日本語カタコトの外国人さん風に、

「ヒトトシテスキね!」

と、若干声張り気味に言ったら、ねえねの浅い笑いのツボにハマりまして、お腹抱えて笑ってました(笑)

あれから数日経ちますが、まだその一言で笑ってくれます(笑)

「ヒトトシテスキ!」

ステキなことですよね(*´∇`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)