長い長い1日

昨日はボクの手術の日でした。

ここを長く読んで下さってる方は、ご存知の方もいるかもですが、高2のボクは小学校の時に心電図で引っ掛かって、その後色々検査をするも原因がわからずに居たのですが、昨年大人の小指位のサイズのモニター心電図を手術で心臓近くに埋め込み、24時間365日測って、今年の春先、ようやく原因が判明。

普通心臓を動かす電気信号は1つらしいのですが、ボクには2つあって、それが激しい運動をすると誤作動を起こし、動悸がして動けなくなってしまうのだそうです。

その不必要な電気信号をカテーテルで焼ききると言う手術でした。

専門医からすれば朝飯前の手術のようですが、素人からしたら、『手術』『心臓』と言うだけでドキドキです。

しかも、かかって三時間位と聞いていたのに、3時間半経っても病室の階に戻ってこず、何かあったのかとめちゃめちゃ心配しました…。

ようやく戻ってきたボク。

先生からの説明では、手術の際に無理矢理不整脈を起こさせて、本当に悪さをしてた原因の電気信号を特定することが出来、そこは焼ききることが出来たとのこと。ですが、途中で他の不整脈も反応があり、そちらはとても微弱で短いものだったので特定には至らず…。恐らく支障無いだろうとのことで、あとは経過観察となりました。

ものすごく、心配したし気疲れたし、終わった時には私までクタクタでした…

ボクは、あまりにも緊張してて、点滴は入らないし、痛いしで、不整脈の場所が特定できてからは、先生が麻酔増やしてくれたようで、終わったころはボクは爆睡してました(笑)

なので、おやつの差し入れだけ枕元へ。

起こさないで、帰ってききました。

何事もなければ、明日退院。

昨日は、本当に長い長い1日でした。

ひとまず、無事に済んで良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)