夏の出来事…続き

昨夜は、会社の飲み会でした。
大好きな山梨の支店の先輩たちとの飲み会だったので、楽しくて二次会まで行ってしまったので、帰宅したのは12時前位・・・。
しかも、今日23日は子供たち始業式なので、帰ってきてから通知表のコメント書いたり、上履きに名前書いたり、自由研究の模造紙の裏にガムテープで補強したりしてました。いや、やってしまってから早く寝ようと思ってたら、眠すぎてその場で床に寝てました・・・。小一時間寝てから作業開始。ようやく終わったのですが、今日は名古屋に研修で行くので、朝6時過ぎには家を出るため、寝たら最後、絶対起きれないので、ブログ書いて起きてようと思いますw

前回の続き。
チビタの虫歯は、なんとか治まってます。
来週から本格的な治療が始まるそうです。
そうそう、旅行の前に大仕事してました。
先日、娘たちの合唱部の公開練習を見に行った時。何か物足りないというか、なんというか・・・
上手いのですが、なんとなくまとまりがないというか、結束が弱いというか。
小学生なので、メンタルを保つのはやっぱり難しいんだなぁと思いました。
マツコは、合唱ではなく吹奏楽でしたが、高校の時は毎年コンクールで全国大会に出ておりました。
だから、どうせなら上を目指して欲しい!
出る出れないは別としても、頑張った分は必ずその後の子供たちの糧になるので。
そう思った時に、何か力になれることはないかと考え、「みんなの心がひとつになるように」との思いを込めて、
小さなお守りのようなものを手作りして贈ることにしました。
思い立ったら即行動してしまうマツコw
やろうと思った日から渡す日まで、5日間しか無かったので、子供たちの宿題を見つつ、連日だいぶ遅くまで毎日お裁縫してました。
仕事の合間も、時間見つけては縫い縫いしてましたw
どんなものにしようか迷いましたが、
フェルトをハート型に切って、色の違う2枚を合わせて縫って、表には「心はひとつ」裏には学校名をローマ字で書き入れました。
さすがに刺繍で書き込む時間はなかったので、「お名前ペン」で書きました。
お裁縫苦手なうえに、字も小学生並みなので、出来栄えは決して上出来ではありませんでしたが、
自分が高校生の頃も、コンクールに出られないメンバー外の後輩たちが、毎回手作りで色々作ってくれてたのが嬉しかったことを思い出しながら、一生懸命作りました。
なんとか、旅行前に部員35人分+先生2人分を作り上げ、部活中に届けることが出来ました。
なぜ、これを作ったのか。自分が高校生の時に必死になってコンクールに挑んでいた時の事。心をひとつにして、素晴らしい演奏が出来るようにとの思いを込めたこと、等々・・・。少し皆の前で話をしてきました。
みんな、思いのほか喜んでくれて、先生たちもとても喜んでくださって。
そしたら、なんと、県大会の本番で、全員衣装にハートを着けて出ることになったそうで!!
ポケットに忍ばせて貰うつもりで作ったので、人の目にさらされるなら、もっとキレイに作ればよかったなぁ・・・お恥ずかしい(´;ω;`)
少しでも、みんなのやる気と自信に繋がってくれたら嬉しいです。
今週末、いよいよ本番です!
私も、ドキドキです。
がんばれ、みんなー!!

DSC_0868

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)